山陰のお寺

善光寺

[出雲三十三番観音霊場]

善光寺イメージ

100513aa.jpg  100513ab.jpg 

JR乃木駅から旧国道を、JRの線路沿いに9号線に向うと左側の写真のように

ブロック塀に当社提供の案内看板が見えます。そこを左に入ると「塔」があって

赤瓦の大きな本堂が見えます。  

 

 100513ac.jpg   100513ae.jpg

本堂の前には、松江市内でも最も大きな              本堂左前には、乃木希典元帥の

「水子地蔵尊」が祀ってあります。                   お手植えと言われる雄雄しい「松」が

                                        そびえています。

 

100513af.jpg        100513ag.jpg

道路に面した山門。        左側が「不動尊」         「不動尊」の拡大写真。

 

 

100513ah.jpg  100513aj.jpg

山門の左側にある「乃木大将」、                本堂左前に建立されている

「佐々木高綱公」の霊場と彫られた石塔。           「硫黄島戦没者供養塔」。

御詠歌

いかならん しぐれつはれつ なみかぜの たつなみしげき さんじゅにそう

お寺の歴史を知る

善光寺のお寺の歴史を知るイメージ

善光寺は、時宗の末寺で観音堂はもともと1キロほど離れた栄町にあった「福王寺」が、350年余り前にこの地に移建されたもので本堂の左側にあり、山門から正面になる。 山門の左脇には、「佐々木高綱公」、「乃木大将」の霊場という立派な石碑が建立されている。

アクセス

〒699-0044 松江市浜乃木1-14-35TEL 0852-21-5803

このページの先頭

<__trans phrase="_POWERED_BY">